闘病中の猫さんへ。少しでもお役に立てれば幸いです…

抗がん剤(ロムスチン)投与後1週間が経過。血液検査の結果は?!

2017年10月23日に抗がん剤(ロムスチン)を投与してから1週間が経ちました。抗がん剤の副作用を把握するため、1週間に一度の血液検査をしなければなりません。

ロムスチンの副作用としては、骨髄抑制・肝毒性・消化器毒性があります。消化器毒性に関しては、3日間の下痢と嘔吐がありました。

抗がん剤投与後5日目。突然の下痢が始まった!下痢は3日間続く…
2017年10月23日に抗がん剤(ロムスチン)を投与しました。その後のティアラの様子です。抗がん剤投与後の嘔吐は当日と翌...

あとは血液検査で、骨髄抑制と肝毒性のチェックです。緊張です!

血液検査結果…ティアラは優秀です!

ティアラはほとんど飲まず食わず状態です。抗がん剤の副作用で下痢と嘔吐…食べても全部吐いたので身になっていません。かなり弱っていたので「もしかして入院かも?」と思っていました。

でも血液検査の結果は意外でした。先生がニコニコしながら「いやぁ、ティアラは優秀ですね!」と検査結果表を見せてくれたのです。

白血球の数は?骨髄抑制

白血球(好中球)の数は減っていました。東大で内視鏡検査をした時の半分です!抗がん剤飲んだのだから当たり前なんですけど、素人は「大丈夫なのか」と心配になります。

でも基準値より上回っているので大丈夫。ロムスチンは1~2週間後に最下点に達するそうなので、来週はもっと減っているかもしれません。敗血症に気を付けなければ!

抗がん剤投与後4~5日目くらいから、骨髄抑制により血液中の好中球が減少し始めます。好中球とは、体を細菌などから守っている白血球(免疫細胞)です。薬剤によって多少異なりますが、投与後約7日目に最下点となります。この好中球の数が低下している時期には、体が細菌に感染しやすくなっています。

抗がん剤治療中は、好中球数が1,000~2,000/μL(通常の5分の1くらい)まで下がることがあります。好中球数が500~1,000/μL以下になってくると、細菌感染の危険が高まります。好中球が少ない状態で体内に細菌が入り込むと、血液が細菌に侵された状態(敗血症と呼びます)になり、非常に危険です。

引用元 ペットに対する抗がん剤治療

肝臓の数値は?肝毒性

肝臓の数値は3つの項目のうち2つが「肝障害」にあたる数値が出ていて「うわ~」と内心思いました。しかし、残りの1つであるALPが正常値に戻っていたので「大丈夫だろう」ということになりました。

もしもこのALPも高いままだったら入院だったとか?!しかも肝臓に効く薬はなくサプリしかないというではありませんか…ホッと一安心です。

脱水のため皮下補液することに

血液検査の結果はよかったけれども、脱水を起こしていました。入院するのが一番回復するのが早いのですが…ティアラのストレスを考えて通院することに。数日通わないとダメなレベルと言われちゃいました。

獣医師は強制給餌にはあまり肯定的ではなく…強制給餌というのは鼻からチューブを入れて食べさせることであり「(一般的に行われている)シリンジであげても飲み込まないよ」と言われました。

「猫の意志に反してやることですよ?!」確かにそうなんですよね。強制給餌には賛否両論あって悩ましいところ。食べたくないのに無理に口に押し込まれるのはツライだろうとも思うし、逆にそれをきっかけに食欲を取り戻す猫さんが多いのも確かです。

一応シリンジ買って用意はしてあるけど、ティアラは頑固だから絶対に食べない気がします。次回の抗がん剤治療時はどうしよう…悩みます。自力で食べてくれますように!

食欲増進を狙ってステロイドも

ステロイドの副作用に“食欲増進”があります。なので食欲が出ることを期待して1錠に増やすことにしました。ステロイドは抗がん剤としての効果もあるし、量を少なくすれば消炎剤としても使えるそうです。

下痢対策で弱い抗生物質に変更

抗がん剤治療を始める直前、ティアラはくしゃみを繰り返していました。たぶん猫風邪です。そのため感染症の予防として抗生物質を飲んでいました。

今回の下痢を考えて、もっと弱い抗生物質に変更してくれました。抗生物質の副作用での下痢もありますからね。1日2回と飲む回数増えちゃったけど…我慢です。

次回の血液検査は11月6日です。

抗がん剤の副作用は個体差があって、手探り状態です。今回どんな副作用があったか、などをチェックして次回の抗がん剤の量をどうするか、予防策をどうするか考えていかなければなりません。

血液検査1後のティアラ

対策が取れれば副作用を軽くすることができるので、次回はもっとラクになるとのこと。ほんとに下痢と嘔吐はかわいそうだったので、対策頑張らねば!

次回、血液検査まで何事もありませんように…

追記 11月6日、13日の血液検査の結果です↓

抗がん剤(ロムスチン)を投与後3週間が経過。血液検査の結果は?!
2017年11月6日と13日に血液検査をしてきました。ちょっと時間が経ってしまったので、2回分まとめてのご報告です。 ...

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました