闘病中の猫さんへ。少しでもお役に立てれば幸いです…

猫の悪性リンパ腫(抗がん剤治療含む)にかかった治療費(費用)は?

猫さんが病気【悪性リンパ腫】になると治療費はいくらかかるのか?まとめてみました。猫さんが病気になると、やっぱり気になるのがその治療費ですよね。

私もティアラが悪性リンパ腫とわかった時「いくらかかるの?」と不安になりました。それを解決してくれるのは、やっぱり経験者の情報ではないかと思うのです。

同じガン(悪性リンパ腫)でも、その仔の個体差や病気の進行状況で違ってきますが、一例としてティアラの経験を残しておきます。参考になれば幸いです。

猫の【悪性リンパ腫】にかかった治療費総額

ティアラは2つの病院、地元の動物病院と東京大学動物医療センターにお世話になりました。治療期間と治療費は次の通りです。

  • 治療期間:2017年6月24日~2017年11月24日(5か月間)
  • 治療費(費用):262,490円

治療費(検査代・抗がん剤)明細表

治療費の明細表になります。当時の通院の様子は「詳細」欄にあるリンクからみることができます。

抗がん剤治療は1回だけでした

明細表をみていただければわかるように、悪性リンパ腫と判明したのは10月です。それまでは「膵炎の疑い」で対症療法をしていました。

抗がん剤治療は約1ヶ月(ロムスチン1回投与のみ)でした。2回目の抗がん剤治療をする直前で癌性腹膜炎を起こし、約1週間後ティアラは旅立ちました。

あと半年存命できたら治療費は15万円ほど増加してたかもしれません。それでも、お金はいくらかかってもいいから「生きていてほしかった」です。

スポンサーリンク

最も高額だった治療・検査は?

最も高額だったのは、東京大学動物医療センターで行った内視鏡検査でした。検査結果を聞きに行った日にも、エコーやレントゲン検査をしたので、2日間で合計15万円でした。

大学病院でこの金額です。一般の病院だったら、もっと高額になっていたかもしれません。

次に高額なのが抗がん剤です。ロムスチンという錠剤でしたが、一粒で8000円でした。これでも地元の先生の努力で価格を抑えてくれたようです。

治療費(費用)は抗がん剤だけじゃない

抗がん剤治療を始めると抗がん剤以外にも費用がかかります。

  • 副作用を確認するための血液検査
  • ガンの進行を確認するエコー検査など
  • 副作用を抑えるための薬

最初の1ヶ月は毎週、その後も定期的に血液検査に通わないといけません。交通費がかかる場合は、その分費用がかさみます。

キャットフードやサプリの費用もかかります

病気が進むと食欲がなくなってきます。「とにかく食べてくれるものを探さねばならない」という状況になりました。

最初は食いつきがよくても、すぐに食べなくなる…そんなことが何回もありました。1~2回しか食べてない袋が大量にたまることに。

160種類ものキャットフードをお試しした方もいました。それくらい食べてくれるキャットフード探しは大変なのです。

病院へ支払う治療費だけでなく、日常にかかる費用も確実に増加します。

まとめ:猫の悪性リンパ腫には高額の治療費を覚悟

抗がん剤治療するなら30~50万円+α(日常の費用)は覚悟しておいた方がよさそうです。抗がん剤治療だけで80万円かかった方もいました。

貧血がひどくなって輸血したり、酸素室が必要になる仔もいました。その仔の状況によりますが、悪性リンパ腫の治療費は高額であることに間違いはありません。

お金の問題だけでなく、治療そのものについて悩んでいらっしゃる方も多いと思います。私もすごくすごく悩みました。

ひとつだけ確実なのは「お金は後からでも手に入るけど、命は手に入らない」ということ。なので、できるだけのことは(もちろん猫さんのQOL最優先で)やりました。

愛する猫さんのため、後悔のない選択を!

スポンサーリンク
\ シェアしていただけたら嬉しいです /
ティアラまま

愛猫ティアラに本気で恋した40代♀。
千葉県在中。ティアラの生きた証を残したい一心でブログ書きました。

\ follow me /
猫が悪性リンパ腫に!闘病ブログ
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました