闘病中の猫さんへ。少しでもお役に立てれば幸いです…

高齢猫に全身麻酔を伴う内視鏡検査は危険?

高齢猫に全身麻酔を伴う内視鏡検査は危険?高齢猫の内視鏡検査(全身麻酔)

高齢猫だけど内視鏡検査を受けました。検査前の全身麻酔に関する心配事~東京大学動物医療センター受診の様子までまとめました。

>>>記事一覧をすぐに見たい方はこちらをクリックorタップしてください

嘔吐の原因を調べるには、開腹手術か内視鏡検査が必須

エコーやレントゲン検査では特に異常なし。セレニア注でさえ止められなかった吐き気の原因を調べるには内視鏡検査しかありませんでした。

ティアラの症状は悪性リンパ腫かIBD(炎症性腸疾患)の可能性がありました。よく似た症状だけど、治療方法は違うというので検査は避けられないと思いました。

検査は「開腹手術」か「内視鏡検査」のどちらか。いずれにしろ全身麻酔が必要です。ティアラは14歳と高齢だったので、非常に判断が難しかったです。

高齢猫だけど、大学病院での内視鏡検査を選択

いろいろ悩んだ結果、内視鏡検査を受けることにしました。でもかかりつけ医には設備がなかったので、紹介状を書いてくれることになりました。

紹介先は、埼玉県所沢市にある日本小動物がんセンターか、東京都文京区にある東京大学動物医療センターか、地元のちょっと大きめの病院。

日本小動物がんセンター長の小林哲也先生は、がんに関して権威のある方ということでしたが、所沢はちょっと遠いのであきらめました。

地元の病院は交通の便が悪かったし、がん専門の先生がいないとのこと。悪性リンパ腫だったことを考え、東京大学動物医療センターを選択しました。

大学病院は研修医が…などのネガティブな噂もありますが、最新の治療を受けられると前向きに考えました。

全身麻酔による猫の後遺症や副作用は?

内視鏡検査前には全身麻酔による危険性の説明がされました。目覚めるまでは気が気でなかったです。

全身麻酔による後遺症は、残念ながらありました。本当に身も心もボロボロになった姿をみて、すごいショックを受けました。ツラかったです…

「やっぱりやめればよかったか」と一瞬後悔しましたが、この検査のおかげで病名がわかったわけです。さらに詰まっていた毛玉が取れて嘔吐が減りました!

だから結果的に内視鏡検査をして正解!高齢猫だったので、回復までに少々時間がかかりましたが、無事に乗り切ることができました。

個体差があるので判断は難しいと思いますが、ひとつの例として参考にしていただけたらと思います。

※高齢猫の内視鏡検査(全身麻酔)についての記事一覧はこちらです↓
高齢猫の内視鏡検査(全身麻酔)

病理検査の結果【悪性リンパ腫(消化器型/低分化型)】と診断されました。

猫が内視鏡検査の結果、悪性リンパ腫と診断されました。高悪性度(低分化型)消化器型リンパ腫です。抗がん剤治療をするか緩和ケア(ステロイド)にするか悩みましたが、抗がん剤治療をすることに決めました。一般的な多剤併用療法ではなく月一回の飲み薬です。
2017.10.24
高齢猫の内視鏡検査(全身麻酔)

内視鏡検査(全身麻酔)後、3日間はぐったりモード。4日目で回復!

内視鏡検査をするため全身麻酔をした愛猫ティアラは、瞳孔が開きっぱなしになるという視覚障害が出てしまいました。点滴のため毛...
2017.10.22
高齢猫の内視鏡検査(全身麻酔)

高齢猫の全身麻酔の後遺症?!瞳孔が開きっぱなしになっちゃった…

高齢猫が内視鏡検査のため全身麻酔をしたら、瞳孔が開きっぱなしになりました!全身麻酔の後遺症なのでしょうか。「瞳孔が開きっぱなし?どういうこと?」と必死になって調べまくりました。どうやら猫さんの場合、“まれに”、“たまに”ある後遺症らしいです。
2018.05.10
高齢猫の内視鏡検査(全身麻酔)

東京大学動物医療センターへ行ってきました!(高齢猫の内視鏡検査)

東京大学動物医療センターへ内視鏡検査を受けに行ってきました。高齢猫なので全身麻酔をする内視鏡検査は不安でしたが、東大の先生を信じて。地元の動物病院ではわからなかった嘔吐の原因をつきとめ、早く原因治療へ進みたい!炎症性腸疾患or悪性リンパ腫どっち?
2019.07.10
高齢猫の内視鏡検査(全身麻酔)

14歳の高齢猫に全身麻酔は危険?!それでも内視鏡検査を決めた理由

高齢猫なので全身麻酔が必要な内視鏡検査を受けようか悩みました。「高齢猫の全身麻酔は危険」という意見が多い中、よく調べてみると「年齢よりも個体の状態次第」のようです。高齢猫の全身麻酔のリスクを考え、迷いに迷った末に内視鏡検査の決断をしました。
2017.10.18
スポンサーリンク
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました