闘病中の猫さんへ。少しでもお役に立てれば幸いです…

膵炎のための療法食。腎臓のことも考えて4種類の試供品をいただきました!

猫の嘔吐がひどく病院へ行ったところ膵炎の疑いと診断された結果、対症療法として療法食を試すことになりました。

猫の嘔吐が多すぎる!嘔吐の症状から【膵炎】の疑いと診断されました
猫の膵炎の症状には「食欲不振・嘔吐・下痢・痩せていく」があります。嘔吐が週3~4回と頻繁になってきたので検査したところ「膵炎の疑い」と診断されました。後日、内視鏡検査で「悪性リンパ腫」と判明。猫の膵炎と悪性リンパ腫の症状はよく似ているので要注意です。

療法食とは、愛猫の特定の病気や健康状態に合わせて、栄養成分が調整されたペットフードのことをいいます。獣医師の指導に基づいて与えます。

消化器系疾患のための療法食を2種類と、腎臓の機能が落ちていることも考え腎臓サポートの療法食を2種類、合計4種類の療法食の試供品をいただきました。

療法食(膵臓・腎臓)

猫さんは好き嫌いが激しいんですよね。だから「この中で気にいったものがあれば、それでいいよ」みたいなニュアンスでした。果たしてティアラはどれを選ぶでしょうか?!

(左上の消化器サポートが食べかけなのは気にしないでくださいませ。笑)

膵炎(膵臓)のための療法食

消化器疾患の猫さんのための療法食です。お腹に優しく、少量でも必要カロリーや栄養が摂れるようになっています。

ロイヤルカナン【消化器サポート ドライ】

ロイヤルカナン消化器サポート

猫用 消化器サポートは、消化器疾患の猫に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事は、消化性が高い原材料を使用し、少ない食事量でも必要なカロリーや栄養素が充分に摂取できるように調整されています。また、健康的な腸内細菌バランスに配慮して可溶性食物繊維(サイリウム、フラクトオリゴ糖、マンノオリゴ糖)を配合しています。

公式  ロイヤルカナン消化器サポート ドライ

ロイヤルカナン消化器サポート
一番最初に与えたのが、この消化器サポートです。薬の副作用(食欲増進)もあったのかもしれませんが、すっごい食いつきが良かったです!

可溶性食物繊維が配合されているため、毛玉(ヘアボール)や便秘対策になればいいなと思います。腸内環境は大事ですからね。

ロイヤルカナン 食事療法食 猫用 消化器サポート 可溶性繊維 ドライ 500g
ペットゴー 楽天市場店
¥ 1,264(2021/04/30 21:10時点)
”食いつきがよかったです!便秘が心配な猫さんにオススメ”

ロイヤルカナン【セレクトプロテイン(ダック&ライス) ドライ】

ロイヤルカナンセレクトプロテイン

猫用 セレクトプロテイン(ダック&ライス)は、食物アレルギーによる皮膚疾患および消化器疾患の猫に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事は、食物アレルギーの原因となりにくく、また消化性の高いタンパク源(ダック)および炭水化物源(ライス)を使用しています。

公式 ロイヤルカナンセレクトプロテイン(ダック&ライス) ドライ

ロイヤルカナンセレクトプロテイン
セレクトプロテインは、2番目に与えてみました。消化器サポートほどの感動はなかったようですが、普通に食べていました。嫌いではなさそうです。

ロイヤルカナン 食事療法食 猫用 セレクトプロテイン(ダック&ライス) D&R(500g)【ロイヤルカナン療法食】
本間アニマルメディカルサプライ
¥ 1,237(2021/04/30 21:10時点)
”食物アレルギーによる皮膚疾患・消化器疾患の猫さんにオススメ”

腎不全(腎臓)のための療法食

慢性腎臓病の猫さんのための療法食です。たんぱく質やリン、ナトリウムなどミネラル成分を調整します。

日清ペットフード【キドニーキープ】

日清ペットフードキドニーキープ

低たんぱく質・低リン・低ナトリウム。本フードは乾物換算で「たんぱく質(26%~30%)」「リン(0.5%~0.6%)」「ナトリウム(0.2%~0.35%)」以下の範囲になるように製造しています。※ジェービースタイルの成猫用フード(ドライタイプ)と比較し、乾物あたりのたんぱく質は約2割低減、リンは約5割低減、ナトリウムは約3割低減

公式 日清ペットフード腎疾患対応療法食キドニーキープ

日清ペットフードキドニーキープ
飼い主的には「日本製」というところが安心でした。ティアラに与えてみると…こちらも食いつきがよかったです!この試供品を置いてあった場所を覚えていて、キドニーキープが無くなった後も探したりしていました。笑

キドニーキープは楽天など通販の取り扱いはありません

取り扱いは動物病院のみのようです。
こちらから検索できます⇒取扱い動物病院様のご紹介

サニメド【猫用リーナル】

サニメド猫用リーナル

サニメド 猫用 リーナルは、慢性腎臓病の猫に給与する目的で特別に調整された食事です。また、シュウ酸カルシウム尿石症、尿酸アンモニウム尿石症の栄養管理にも適しています。この食事は、タンパク質およびリン、カルシウム、ナトリウムなどのミネラル成分を調整しています。

公式 サニメド猫用リーナル

サニメド猫用リーナル
一番最後に与えたのがサニメド猫用リーナルです。ですが…残念なことに一口も食べませんでした。匂いをクンクンして、プイって横向いて終わり!

なんか油っこそうなので成分をみたらサーモンオイルが。これがダメなのかな?

サニメド猫用リーナルは楽天など通販の取り扱いはありません(公式サイトからは条件付きで可)

取り扱いは動物病院のみのようです。
こちらから検索できます⇒取り扱い動物病院一覧
※かかりつけの獣医師の先生の診断と指導のもとで治療方針が決定すれば、公式サイトからも購入可。⇒サニメド【猫用】リーナル

【決定】便秘解消狙いで消化器サポートにしました!

ティアラの反応からすると、一番好きなのは日清ペットフードのキドニーキープだと思います。2番目がロイヤルカナンの消化器サポートのようです。

ですが、今は膵炎を優先に治していきたい!ということで消化器サポートを選びました。便秘にもよいので迷わず決定…飼い主の独断と偏見です。

ロイヤルカナン 食事療法食 猫用 消化器サポート 可溶性繊維 ドライ 500g
ペットゴー 楽天市場店
¥ 1,264(2021/04/30 21:10時点)
”食いつきがよかったです!便秘が心配な猫さんにオススメ”

でもティアラ的にはキドニーキープ食べたそうでした。腎臓機能もだいぶ落ちているから迷ったけど、やっぱり胃腸に優しいほうを優先です。

可溶性食物繊維のおかげで、1週間ほどするとウンチがスルリと出るようになりました。便秘猫さんにオススメです!

「膵炎に高脂肪の食事は推奨されないのでは?」と思った方へ

ロイヤルカナン消化器サポートは高脂肪です。しかし最近では

  • 人や犬では高脂肪食が膵炎の悪化要因になるが、猫では現在のところ関連性は明らかになっていない
  • 猫に関しては膵炎で脂肪を制限した方が良いという話はなく、状況に合わせたものを与えてよいとされている

とのこと。
なので私は消化器サポートを選びました。ご参考まで!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました